借金問題解決は先ずは弁護士への相談から

借金の返済方法「債務整理」について。弁護士に相談してみよう!

カテゴリー: 未分類

根本的解決を着地点に

借金問題を弁護士に相談するに際しては、気持ちの持ち方すなわち着地点の見据え方に関しても、正しい視点と姿勢が求められます。債務者とすればとにかく一刻も早く督促や取り立てから逃れたい、出来るなら何もかも「無かった事として丸め込んでしまいたい」と願う心情は理解出来ますが、現実としてそれは叶わずして当然です。お金の貸し借りに際しての契約違反を生じさせたのは自身であり、この業界が指す「事故」を起こした当事者である以上、借りたお金の完済が求められて当然であり、それが不可能な状況となったが故に、結果債権者に多大なる迷惑をかけているのが現状であり現実です。

この状況打破法として債務整理という選択肢が存在していますが、債権者の理解からの情報を通じての和解案の相互了承が欠かせません。債権者からすれば債務者に自己破産されれば貸したお金の回収が叶わず、少しでも多く確実な回収を視野に入れた任意整理など、債務整理には複数の選択肢があります。相談者である債務者の人生はその後も続き、債務整理は不適切となってしまった自らの経済状態を一旦リセットする作業でもあり、現在の休場からの一時的な回避を目的とするものではありません。

まずは弁護士に相談を

借金問題の相談をする弁護士の選択に際しては、同分野に強い、あるいは確かな実績が評判で、出来れば相談者の行動範囲内に事務所を構える人物あるいは法律事務所の選択がお薦めです。弁護士にはそれぞれ得意分野が見られ、より豊富な経験値を有する弁護士への相談が、結果自身にとってベストな問題解決法に繋がる可能性が高まります。勿論幅広い分野に精通する弁護士ですが、知識面ならぬ経験値の差にも着目から、借金問題に「強い」弁護士の選択が重要です。

次に相談に臨むに際しては、現状をより正確に弁護士に伝えるべく、借入利用明細や督促状などの公的な資料を整理から持参してください。限られた相談時間の中、うろ覚えの数値を口頭で伝えるだけでは、弁護士は相談者の窮状を正確に理解出来ません。結果誤った現状想定から債務整理方法を導き出してしまった場合、途中で再度債務整理に頓挫してしまうなど、更に相談者を追い詰めてしまう展開となるリスクが高まります。

弁護士への相談に際しては、データ面と自身の経済力に関してはあくまで正直に、その他不安点や疑問点を曖昧にしない姿勢が求められます。但し無料相談を利用しての面談の場合、時間制限の壁が存在しているのも事実です。信頼出来ると感じされたのであれば、正式依頼に向けて、更に突っ込んだ質疑応答を続ける選択が大切です。

債務整理を理解する

借金問題の解決と切り離せない債務整理ですが、その具体的な内容に関しては、まだまだ広く正しく周知されているとは言えません。誰もが日常、よもや自身が借金問題の当事者になるとは想定しておらず、気づいた時には既に深刻な状況に陥っている点でも共通しています。また近年の過払い金返還と混同して捉えてしまう向きも見られますが、これはあくまで債務整理の一環の結果として、過払い金の存在が発覚するところからの流れであり、債務整理全体とは別の手続きと理解しておかねばなりません。

また債務整理イコール自己破産との誤った先入観から、これだけは回避したいと債務整理を拒否してしまう、あるいは自己破産のデメリットを軽く捉え、債務の免責のメリットだけに視線を合わせてしまう債務者も見られますが、いずれも危険なご判断に他なりません。借金問題の根本的な解決に際しては、必ず実践する事で得られるメリットと、反対に債務者として背負わざるを得ないデメリットが共存していて当然です。

こうした未来に向けてのライフプランにも影響が避けられぬ部分に関しても、弁護士への相談を通じての確認作業が欠かせません。何より自身がこれから着手する、借金問題の解決という作業を正しく捉えておかない限り、金銭的な解決が叶った後のリセットからのリスタートに悪しき影響が懸念されます。

借金問題解決に際して

借金問題の根本的解決策として、債務整理という選択肢が全ての債務者に与えられている事実に関しては、漠然とながらも周知されていると言えるでしょう。ですが具体的にどのような作業を求められるのか、メリットやデメリットはどうなのかなど、更に深く踏み込んだ正しい専門知識となると、実際に債務整理を経験された方々でも、全てを正確に把握されているとは限らないのも現状です。

借金の状況や、相談時から近未来に於ける債務者の返済能力、更には債権者側の意向その他の周囲の状況などから、債務整理に際しては幾つかの方法の中から、総合的に最もふさわしいと判断する方法の選択が欠かせません。この段階で誤った債務整理法をチョイスから実践してしまった結果、再度解決の途上で頓挫してしまう、債務者が更なる窮地に追い込まれてしまうなどのリスクが高まってしまいます。せっかく最後の勇気と決意を振り絞り、自ら問題解決に挑んだにも関わらず、こうした悪しき結果へと自らを誘ってしまっては取り返しがつきません。

やはり借金問題の解決に際しては、専門家である弁護士への相談がベストな初動であり、豊富な知識と経験に基づく助言と判断を仰いだ上で、二人三脚態勢で問題解決に臨むのがベストです。ここでは借金にお悩みの方々にとって、ある意味最後の砦とも言える弁護士への相談に際し、ぜひ事前に踏まえておいていただきたい関連知識をご紹介申し上げます。相談者の準備がしっかり為されていれば、相談を通じ、いざ正式に依頼から解決に向けての動き出しも、当然よりスムーズとなり、結果的に自身への精神的負担の軽減にも繋がる点が見過ごせません。