借金問題解決は先ずは弁護士への相談から

借金の返済方法「債務整理」について。弁護士に相談してみよう!

債務整理を理解する

借金問題の解決と切り離せない債務整理ですが、その具体的な内容に関しては、まだまだ広く正しく周知されているとは言えません。誰もが日常、よもや自身が借金問題の当事者になるとは想定しておらず、気づいた時には既に深刻な状況に陥っている点でも共通しています。また近年の過払い金返還と混同して捉えてしまう向きも見られますが、これはあくまで債務整理の一環の結果として、過払い金の存在が発覚するところからの流れであり、債務整理全体とは別の手続きと理解しておかねばなりません。

また債務整理イコール自己破産との誤った先入観から、これだけは回避したいと債務整理を拒否してしまう、あるいは自己破産のデメリットを軽く捉え、債務の免責のメリットだけに視線を合わせてしまう債務者も見られますが、いずれも危険なご判断に他なりません。借金問題の根本的な解決に際しては、必ず実践する事で得られるメリットと、反対に債務者として背負わざるを得ないデメリットが共存していて当然です。

こうした未来に向けてのライフプランにも影響が避けられぬ部分に関しても、弁護士への相談を通じての確認作業が欠かせません。何より自身がこれから着手する、借金問題の解決という作業を正しく捉えておかない限り、金銭的な解決が叶った後のリセットからのリスタートに悪しき影響が懸念されます。

Previous

Next